ながーいお付き合い、京都銀行

DSC_0304.JPG

ABC朝日放送で夏の高校野球大会を見ていたらよく出てくるCMのフレーズです。男性の声で「京都銀行、川柳劇場」からのナレーションで川柳を読んで、女性の声で「そんな、あなたと」と言った後にまた男性が「なが~いお付き合い、京都銀行」で終わります。

この京都銀行のCMですが、高校野球以外の時もやってはいるんですけど、このABCの中継の時は頻繁に流れ、ある種洗脳されてしまいそうになります。

しかもABCの高校野球中継はCMの間も球場の風景が途切れることなく、観客席にいる人たちを映しながら画面の下半分だけCM画面になったりします。

「ブルブルブルブルアイアイ、ブルベリアイ!、わかさ生活のブルベリアイ!」からの「なが~いお付き合い、京都銀行」からの「ねったまくんじゃんけん」みたいな流れを攻守交替の時に繰り返します。

しかし最近はわかさ生活さんは降板されたんですかね?あまり見なくなったような・・。西京極球場の広告料と女子プロ野球で手いっぱいなのか、大阪芸術大学やdocomoが目立つようになりました。



この甲子園球場から離れない中継形式は大好きです。野球少年がジュースを飲んでいたり、女子がかき氷を食べながら楽しそうに、そして暑そうにしているのが・・。

なんか臨場感を壊さないんですよね。しかも逆にこれら各社のCMが良い味を出していて、もはや無くてはならないものになっているようにも思います。

これはNHKがCMがなく、ずーっと中継しているのに対抗してこういう形式にしているんでしょうかね?考えた人は凄いと思います。

落ち着いた実況で見たいならNHK、熱い実況で見たいならABCです。試合中はどちらもある意味、ほぼCMはありませんから。

NHKだと見ながらつい昼寝をしてしまい、起きたら教育テレビの〇〇講座みたいなのになってることもよくあります。

寝ている間に「このあと〇時〇分から総合テレビで放送します」に切り替わっていた状態ですね。

とにかく、高校野球以外の時に京都銀行のCMを見たり聴いたりすると、「京都の銀行」よりも真夏の甲子園を思い浮かべてしまうぐらいになっています。

この記事へのコメント